老後資金をためよう!個人型確定拠出年金のメリット、デメリットは?

個人型確定拠出年金ってなに?

個人型確定拠出年金とは、個人が毎月決まった掛金を使って、投資信託や定期預金などあらかじめ用意された金融商品で運用しながら老後の蓄えができる私的な年金制度です。この際に支払った掛金は自分の口座に積み立てられていき、運用して得た給付金とともに還元されます。積み立てたお金は、60歳以降に年金または、一時金として受けとることができますが、運用の結果によって受け取る金額は変わってきます。

確定拠出年金でもらえる給付金には何があるの?

個人型確定拠出年金に加入すると、60歳から年金または一時金として老齢給付金を受け取ることができます。そのほかにも、高度障害時に支給される障害給付金、死亡時に支給される死亡一時金があります。

個人型確定拠出年金のメリットとは?

一番のメリットは、税制優遇措置が受けられることです。掛金は全額が所得控除の対象となるうえに、所得税は年末調整で還付を受けることができます。また、通常の金融商品では得られた利益に税がかかるのに対し、確定拠出年金は運営益が非課税となるため、得られた利益をそのまま受け取ることができます。さらに、年金や一時金を受け取る際も、公的年金等控除や退職所得控除などの税制優遇を受けることができます。

そのほかにも、運用管理費用が安い金融商品を利用できるというメリットもあります。

確定拠出年金の金融商品は、購入費用がかからないうえに、一般的な投資信託に比べて管理費用も安くすむのです。

個人型確定拠出年金のデメリットは?

確定拠出年金を行う上で、最大のデメリットは、60歳まで積み立て資金をおろすことができないということです。

充分な老後資金を蓄え安定した生活を送るためには、メリットとデメリットを把握して自分にあったプランを立てることが必要です。

個人型確定拠出年金とは、毎月の掛金を定期預金や投資信託で運用しながら積み立てる私的年金のことで、60歳以降に受け取れます。運用期間中に発生する利益が非課税になるなど、様々な税制上のメリットがあります。