相続税の申告や納税が必要な時とは?生命保険で何ができるの?

相続税の申告や納税が必要な時とはどんな時か

相続を受けると相続税の計算をしなくてはいけません。基本的には誰でも一応計算は必要です。相続財産をすべて洗い出し、法定相続人などを確定します。これによって、相続される財産と基礎控除額がわかります。相続税では一定額は控除ができ、控除して残額がなくなれば相続税の申告や支払いは不要です。これらの計算をした結果支払わないといけない時は、申告も必要ですし納税も必要になります。注意としては、基礎控除をして残額がなくなるときは不要だが、配偶者の特別控除によって残額がなくなるときは必要になります。配偶者だと、相続財産が1億6千万以下なら相続税はかかりません。かといって申告をしなくていいわけではありません。申告が必要かどうかを確認しておきましょう。

生命保険を利用するメリットを知っておく

相続税対策としてよく言われるのが生命保険の活用です。入っていないなら新たに加入すると良いとも言われています。なぜ良いのかを知らないと、意味のない生命保険に加入するケースもあるので目的などを知っておきましょう。まず、生命保険は受取人の財産になります。ですから、相続財産として、遺産分割の対象にはなりません。特定の人に相続したいときに行えます。また、生命保険の保険金は、一定の控除が受けられます。法定相続人一人当たり500万円が控除できるので、現金で残すよりも財産を減らせます。受取人の財産なので、凍結もされません。亡くなれば保険会社から受取人に保険金が支払われます。支払う税金があるときの納税資金の準備が可能になります。

相続の税金は非常に複雑です。税理士でも相続の分野で実績のある税理士に依頼したいと思うことでしょう。インターネットで検索すれば、相続税の税理士を神奈川でも簡単に見つけることができるでしょう。