クレジットカードブランド付きのデビットカードを作ってオンライン決済に使おう

オンラインショップと現金決済の相性はよくない

クレジットカードを作るには審査を受けなければならず、思いのほか、面倒です。カードがなくても現金があれば必ず決済できるのだから、わざわざクレジットカードを持つ必要はないと考える人は大勢います。

ただ、商店街の店がどんどんなくなっていって、オンラインショップで購入する機会が増えている今、現金決済しかできないというのはかなり不便なものです。銀行振り込みの場合、お金を振り込んだにもかかわらず、その確認が翌日以降になることが珍しくありませんし、コンビニ決済の場合、わざわざコンビニまでお金を支払いにいかないといけません。また、銀行決済でもコンビニ決済でも、客が手数料を負担しなければならないことが多く、その点で損をしてしまいます。

審査不要で作れるデビットカード

クレジットカード会社からの審査を受けたくないからという理由でカードを持っていないけど、オンラインショップでの決済をスムーズに行いたいという場合、クレジットカードのブランドがついたデビットカードを取得するといいでしょう。というのは、デビットカードであればほとんどの発行会社で審査不要だからです。それでいながら、クレジットカード会社から発行された番号が付与されているので、クレジットカード払いの決済に用いることができます。

ただ、デビットカードは銀行でしか発行されないので、現在、口座を持っている銀行でクレジットカードブランドつきのデビットカードサービスが行われていない場合は、サービスを行っているところで新たに銀行口座を開設するという手続きを踏まなければなりません。

決済代行導入のネックは業者の審査ですが、直接カード会社に申込まない方法なら審査は発生しません。電子マネー決済のビジネスアカウント取得が典型例で、小規模ビジネスでの導入には効果的な方法となります。