社員研修における様々な目的について教えます

仕事を覚えて同僚との絆を深める

多くの会社で社員研修が取り入れられていますが、いったい何のために社員研修を行うのでしょうか。まず第一の目的として、仕事を覚えてもらうという目的があります。会社に入ってきたばかりなのに、いきなり仕事をやっておけと言われても、何をしていいかわからず困ってしまいます。そういった人が出ないように社員研修が行われているのです。また、同僚との絆を深めるためにも効果的です。話す機会を設けることで、一緒に仕事をする同僚について知ることができ、これからの職場での生活を心地よくするためという目的があります。同僚と打ち解けることができなければ、これからの職場での生活はお先真っ暗です。将来のことも考えたうえで社員研修があるのです。

上司にとっては絶好の機会

社員研修には、新入社員のほとんどが参加することとなります。これは、上司からしたらよく働いてくれるであろう社員を探すのに絶好の機会です。なかなか一つの場所に多くの社員を集めることはできないので、このような機会でないと新入社員について知ることができません。逆に考えるならば、新入社員にとっては上司にやる気をアピールする絶好の機会であるということもできます。もちろん仕事を覚えたり、同僚との絆を深めたりすることも、社員研修で行っておきたいですが、上司へのアピールを忘れないようにしましょう。仕事ができるできないのアピールはなかなか難しいので、大きな声での返事や挨拶を心がけ、アピールしていくのが一番いいでしょう。

マネジメントゲームとは、自分が社長になって会社経営を体験できるゲームのことで、社員に経営感覚を身につけて貰うために、主に研修で実施されます。