生前贈与はいい方法?不動産が多い時も工夫をしよう

生前贈与は計画的に計画的に見えない工夫

最も簡単な相続税対策は、生前贈与といわれています。資産がある人が子供などに110万円までの贈与を行う方法で、この方法だと贈与税はかかりません。将来的に相続税がかかるときも、既に贈与によって資産の移転が進められていると、減らしたり無くしたりが可能になります。そんないい方法があるのかと多くの人が生前贈与の計画を立てます。110万円ぴったりを毎年同じ月日に行えば生前贈与として税金がかかりません。しかしあまり計画的すぎるのは問題です。計画的すぎると、定期贈与とみなされてすべてに贈与税がかかる可能性があります。それを防ぐなら、計画的に見えない工夫が必要です。時期をずらしたり、金額を変えるなどです。110万円を少し超えるぐらいが良いとされます。

空き家があるなら賃貸などに出しておく

不動産を持っていると、固定資産税などがかかるのは誰でも知っているでしょう。あまりうれしくない税金ですが、必要であれば仕方がないでしょう。通常は、固定資産は住むためであったり事業を行うために保有します。ただ、何もしていない土地となるとあまりよく思ってもらえません。固定資産税が高くなったり、相続税の評価額が高めになったりします。その他、利用していない空き家などがあっても通常よりも高めに評価されてしまう可能性があります。相続税対策をするのであれば、空き家を賃貸に出すなどしておきましょう。将来的に利用するにしても、相続の時は誰かに貸すようにします。単に保有しているのと貸家にしているのとでは、不動産の評価に大きな差が出ます。

正味の遺産から基礎控除を除いた課税遺産総額がゼロの場合は相続税の申告が不要ですが、「相続税の配偶者控除」などを利用する場合には申告が適用の要件です。そのため、納税額がなくても申告しましょう。